春は別れと出逢いの季節

2018/04/25 21:00 

娘が自宅からは通学できない大学に入学し家を出たため、私は二十数年ぶりにひとり暮らしとなった。



5年前に息子がやはり進学の関係で寮生活を始めた時、心の通い合わない夫との生活の淋しさを感情豊かな息子との関係性で満たしていた私は喪失感に苛まれ、重い空の巣症候群がひと月ほど続き、その後も数か月尾を引いた。



今回はどうなるのだろう、と身構えながらその日を迎えた。
空港で娘が乗った飛行機が見えなくなるまで目で追うつもりが涙が滲み早々に霞んでしまった。



その時、ジャズの演奏が聴こえてきた。
ふらふらと音の響く方へ近づくとコンサートが開催されていて、空いている席にへなへなと座りこんだ。
泣けてきて泣けてきてハンカチで目を抑えながら聴いていた。



「来たか、空の巣」と、思いきや。
私の心の中にむくむくと、ひとりのヨロコビが湧いてきた。
おお、これからは大好きなジャズのライブにも自由に行かれるぞ。
映画だって、美術館だって、旅行だって。
好きな物を食べ、休日は自分の好きな時間に起きることができる!
同居人を気にすることなく、自由に!
なんだ?このワクワク感は。



私は自分を大切にすることでカサンドラから回復をした。
結果、私はひとりでも人生を楽しめる私になった。



春は別れと出会いの季節。
この春、私は5年前とは違う自分にコンニチワをした。
自分が主人公で生きる人生の満ち足りた感覚に包まれながら。

スポンサーサイト

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

今、徒然 | Top ▲

「カサンドラ」カミングアウト計画、そして・・・

2018/02/18 13:02 

会社の後輩から電話。
「久々に昔の仲間と飲みに行きませんか?
オレ幹事やりますから」



同じ部署だったのは20年以上前だったのに
つきあいはずっと続いている。



赤提灯で仕事のグチこぼし
カラオケでストレス発散



皆で支え合って厳しいサラリーマン(私はウーマン)生活を
何とか乗り越えてきた
戦友とも言える仲間たち。



私にとっては
戦友たちとのアフターファイブの時間は
「夫との関係性」の憂さを晴らす時間でもあった。



家庭の話が出ることもあった。
「子供も巣立ったからこれからは女房と二人、旅行三昧さ」
「うちの奥さんとゴルフ始めたんだ。なかなか楽しいよ」
「休日は妻と早朝ウォーキング。帰りに美味しいパン屋のイートインで話すんですよ。平日はお互い残業で帰宅が遅いから。コミュニケーション大事っすよね」



そんな時、私は出る幕が無かった。
「いいねー。素敵ですね。うらやましい。」
とひたすら聴き手にまわり応答していた。



戦友たちはちょっと遠い存在になり
たまらなくなって
トイレに立って
少し長めの溜息をついた。



後輩からの飲み会のお誘いの電話を切った後
そんなことがあったカサンドラ時代を思い出した。



近々飲みに行くときは
彼らに
カサンドラの話を
してみようかと考えている。
カミングアウトも含めて。



伝えなければ知ってもらえない。



今、私に出来ることを
一歩づつ。



これは平成26年8月11日に書いた文章です。
その後、私はカミングアウトいたしました。
その時から3年がたち、
戦友たちは
「フルリール」や「フルリールルーム」を身近な方々にご紹介してくださっています。
感謝


「フルリール」
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

カサンドラ体験記 | Top ▲

静岡県発達障害支援センターで講演しました

2017/12/24 12:00 

静岡県発達障害支援センター様からのご依頼で

自助グループ運営とカウンセリングの現場から見えてきた
「カサンドラ症候群とは」そして回復のヒント


をテーマに、12月4日沼津で講演いたしました。

IMG_0980ブログ使用

当日は、発達障害支援センターを始め、
女性相談所等の相談機関の相談員の方々の参加が思いのほか多く、
少しずつではありますが、カサンドラに対する関心の広まりを感じました。



相談員の方へは、
カサンドラの困難な状況や、共感をもっての寄り添いの必要性について強くお伝えいたしました。



発達障害支援センターの職員の方から、
美味しいお魚料理のお店を教えていただきましたが、
当日夜にカウンセリングをご希望されているクライエント様がいらっしゃいましたので、
終了後すぐに新幹線に飛び乗り横浜に戻りました。



沼津は海が近いせいか横浜よりもあたたかくて。
美味しいお魚料理は次回のお楽しみに!
沼津付近のカサンドラの皆さん、ご一緒しませんか?

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

講演会・ワークショップのご案内 | Top ▲

「カサンドラ」のための「死と生のワークショップ」開催しました!

2017/12/20 20:00 

12月10日(日)
男女共同参画センター横浜との協働事業
カサンドラ症候群~理解と回復に向けてプログラム4回目
「発達障害のパートナーを持つ私がたいせつなものを感じるワークショップ」
~死を疑似体験していただくことで本当の大切な物を感じる~
「死と生のワークショップ」
開催しました。
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-171.html

IMG_1976.jpg

ワークショップにご参加された方の声から

◆自分にとってたいせつなものを考えていたら、普段は夫のことで頭がいっぱいになって、他に目を向けられていないということに気がつくことができました。
今日はまっすぐ帰らずに、自分を甘やかして帰ろうと思います!

◆夫との生活に満たされず、心の声に耳を澄ます生活を心がけてきたので、方向性は間違っていなかったのが確認できました。

◆今の自分にとって大切なものを考える時間が持てて良かった。
結果は予想通りでしたし、その結果を出す過程に今までに自分がしてきたことの裏打ちがあることがわかって良かった。
厳しい現実をどうするか今一度考えなおしてみたいと思いました。

◆ひとつずつ手放して行くときの自分の感情と向き合う作業は決断と勇気がいりました。
私の「生きてきた証し」を手放して行く作業は、逆に死に向かいながらも、私の魂が生きてゆくのかな…と感じました。
アスぺ的夫から本当に心から大切にされていることをあらためて感じ、私は夫をもっと大切に想おう!と思いました。
日頃の感謝を改めて感じさせていただきました。

◆始める前はなんだか怖くなってしまい緊張していたのですが、始めてみると怖いものではなく自分を見つめる良い機会になりました。

◆自分にとって大切なものは何かはわかっていましたが、それを守るためには、大切ではないと思っていた夫が必要なことに気づかされました。
でも、それは自分が夫の代わりになれれば大丈夫なのか?大切だと思っている子どもは私のことを大切に思ってくれているのだろうか?
他人の感想もたくさん聞くことができて自分の気持ちを整理するのに役に立ちそうです。
今後も色々なワークショップに参加したい。

◆大切な人の中で、フルリールの会員の方々がいつまでも残りました。
理想的な死のイメージ体験ができました。感謝の念も湧きました。
あらためて丁寧な生活を心がけようと思いました。

◆意外なことに気づけて良い体験になりました。ありがとうございました。

◆一番大切なもの=「娘」を支えていく存在として夫を位置付ければ良いという考えがはっきりしてきました。
大切な活動や物についても、日頃あまり意識できてなかったけれど、優先順位がつけられて、今後の生活の上でも整理がついていく気がしました。

◆大切なものが見えたので、これを大切にしながら生きていきます。
ありがとうございました。



ご自身のほんとうに「たいせつ」なものを「たいせつ」にして生きる
それが幸せであるのだと私は思います。



皆さまの
今これからの幸せな「生」
を願っております。



ご参加、ありがとうございました。



カサンドラ症候群~理解と回復に向けてプログラム第5回
1/28発達障害を持つ人とカサンドラがともに幸せになるワークショップ
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-174.html


テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

「フルリール」徒然 | Top ▲

「カサンドラ」のためのココロの整理講座開催しました!

2017/11/21 00:49 

11月18日(土)
男女共同参画センター横浜との協働事業
カサンドラ症候群~理解と回復に向けてプログラム4回目
「発達障害のパートナーを持つ人が幸せになるココロの整理講座」
開催しました。

11月18日_171119_0003

今回の講座開催にあたっては
「私はどうしたいのか?」
「私は今何をしたらよいのか?」
と、答えを見いだせないカサンドラの皆さんに
モヤモヤとした心の「整理のためのヒント」をお伝えし
おひとりおひとりが、
幸せな人生の一歩を踏み出してくださったなら、との強い思いがありました。


私は、同じカサンドラ体験者として
皆さんの幸せを日々切に願っているのです。



お伝えする内容は
私自身のカサンドラ回復に大いに役立ち
また、カウンセリングの場でも取り入れている方法でもあります。



定員20名のところに約80名のお申し込みがありました。
皆さんにご参加頂きたかったのですが、
講座プログラムの関係上、
全ての方にご受講していただけなかったことを心苦しく感じております。



皆さまからの強いご要望がありましたため
12月16日、同プログラムで東京の会場にて追加開催いたします。



11月18日講座に参加された方の声から

◆真行さんのお話しは、愛があって、力強くて、解りやすい。しかも引き込まれてしまいます。
あっという間の時間でした。聞いて「なるほど」と帰るだけではなく一つ一つ実践していこうと思います。

◆簡潔、明瞭、わかりやすい。ワークや体験もありとても良かったです。話し方、間、声のボリューム調整も良かった。

◆私に必要なのはまさにコレでした。ゴールまではまだまだ遠く長いけれど道のりが見えたように思います。
「幸せであるゴール」や「やれること(小さなことからやる)がある」、すごく響きました。
アスペルガーや発達障害に対する知識は増えたけど、モヤモとした毎日でした。
心の整理をしないと私は進めないと思っていたのですごく役に立ちました。ありがとうございました。

◆想像していた内容と良い意味で違った。
ずっと「他人を変えることはできない。自分が変わる」ことを意識していたけれど、自分が変わる事を少々負担に思っていました。
今回、色々な「小さな方法」を提案してくださり、希望を持ち負担なく続けていけそうだと感じました。
実践的で有効なことを教えてくださり、ありがとうございました。

◆ワークなどをいくつか行えたのでリラックスできて良かった。
最後のワークでかなりディティールまで5年後の未来像の自分が浮かんできてびっくりしました。
今日のイメージは大事に自分の中にとどめておきたいです。

◆初めて自分と向き合う時間が取れたような気がします。
教えていただいたマインドフルネスなどを実践しながら自分軸で何をしたいのかを考えるくせをつけたいと思います。
自分が変わりたいので今日はそのきっかけを頂いたようで嬉しかったです。
ありがとうございました。

◆穏やかな語り口でとてもリラックスできました。
自分の目標を見つけることができました。ゴールに向けて頑張りたいと思いました。
自分を大切にします。

◆「姿勢を意識する」姿勢と心がつながっていることをとても実感しました。
「会いたい人に会う」「Iメッセージ」実践したいです。
「ありたい自分」をイメージできました。スモールステップでやってみようと思います。

◆ありがとうございました。新しい発見がありました。
同じ悩みを持つ方が集って、カサンドラを経験された先生のお話しを聴けて心強かったです。
みんな幸せになるといいな。



★真行結子講演及びフルリール企画情報

静岡県発達障害支援センター主催
12/4発達障害の配偶者を持つ方のための講演会

カサンドラ症候群~理解と回復に向けてプログラム第4回
12/10発達障害パートナーを持つ私が大切なものを感じるワークショップ
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-171.html

カサンドラ症候群~理解と回復に向けてプログラム追加開催
12/16発達障害のパートナーを持つ人が幸せになるココロの整理講座
サイト掲載記事準備中

カサンドラ症候群~理解と回復に向けてプログラム第5回
1/28発達障害を持つ人とカサンドラがともに幸せになるワークショップ
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-174.html

フルリールに集い、ともに、あなたらしい幸せな人生を取り戻しませんか?

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

「フルリール」徒然 | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»