上司はもしかして?3

2015/12/05 15:00 

言ってみたのです。
勇気を出して。
冷静に、簡潔に。



①「あなたの決裁が下りないと、○月まで実施すべき事業が開始できないのです」
②「事業開始が遅れた場合、監査で指摘されます」
③「その場合、中間管理職の私ではなく、あなたの責任となります」



「つまり人事評価が下がり、お給料も下がりますよ」
はさすがに言えませんでしたが。



そうしたら上司
目をパチクリさせ
固まってしまいました。



次に口をとがらせ
「そんなこと言うならいいもん!」



決裁の印を押し
私に書類を投げてよこしました。
まるで駄々っ子のよう。



一連の上司の反応が「フルリール」の活動を通じ
接してきたケースから納得できましたし
あまり動揺はしませんでした。



しかし、書類を投げられた時は怒りと屈辱感がこみ上げてきました。
この気持ちをたとえアサーティブに伝えても
上司には伝わらないとも感じたので
深呼吸をして何とか冷静にその場から去りました。



決裁が無事下りたことにはほっとしました。
これでやっと事業に着手できる!



同時に
組織におけるパワハラ対策の取り組み
適材適所への人材登用
これについて少なくともわが社は
「ある視点」が欠落していると痛感しました。



後を絶たないパワハラ相談
そのことに伴うメンタルヘルス不全の社員の増加
現在の予防対策では不十分



悪者はいない。
制度の問題。
どうやって改革するか・・・。



ふと気がつくと例の上司。
部下をつかまえて途切れなく戦車や銃の型番について一方的にしゃべり続けている。
忙しい部下は迷惑顔。
それでも気がつかない。
私の近くに座っている社員が
「まったく。ミニタリーオタクなんだから」と吐き捨てるように呟く。



頭ではわかっているけれど
日常の局面で抱える葛藤。
職場でも、家庭でも。



弱まることはあれど
きっと葛藤が「無」になる人生などないのだろうと思う。



私は別れた夫との関係性と同様に
今、この組織での自分の立ち位置や振る舞い方の定点をさぐっている。
「悪者はいない」と自分に強く言い聞かせながら。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

職場での体験 | Top ▲

上司はもしかして?2

2015/10/26 19:19 

例の上司。
昼に食べているパンの銘柄が毎日同じ。
しかも
「食べる2分47秒前に冷蔵庫から出すと程よい固さになる」
と時計とにらめっこ。



「うーん、やはり」とも感じる。



ただし、上司のその部分については
私としては困ることは何もない。



一番困ることは
彼のこだわりが強く
書類の決裁が下りないこと。
今懸案のものは2ヶ月近く彼のところで修正に次ぐ修正で止まったまま。
やるべき事業が開始できない!



今まで何度も
「事業開始の期限がきているので」と訴えてもダメ。
「私の書類のどこが問題なのか?」「どうすれば良いのか?」と質問しても明確な答えがない。
「困っているので」と半分涙して頭を下げても反応なし。
上司は何だか危機感がなく趣味のレベルで書類の表現や構成をこねくりまわしている印象。



作戦を考えました。

①決裁が下りないと上司が被る不利益を具体的に伝える。
→部下の私がなんでこんなことまで伝えなければとも思うが・・・
②その上司の上司にこの状況を伝え、指導して頂く。
→自分より権威のある人から言われたことには従うかもしれない。
しかし、私が「言いつけた」ことがわかってしまう。
その結果、上司との関係性が悪くなったら今後仕事がやりづらくなることが不安。

しかしこのままではラチがあかないのでまず①を試してみようと、シミュレーションしてみました。
具体的に明確に簡潔に伝えることが必要!

①あなたの決裁が下りないと、○月まで実施すべき事業が開始できない。
②遅れた場合、監査で指摘される。
③その場合、中間管理職の私ではなく、あなたの責任となる。
④あなたの人事評価が下がる。

うーーん。
みなさん、言えますか?
結構なストレスかかりますよ。



しかし!上司に危機感を持っていただくために勇気を出して言ってみました。
私本当に困っているんです!
さすがに④は言えませんでしたが・・・。
ストレス150%!



その結果は?

(3に続く)
http://fleurirmomo.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

職場での体験 | Top ▲

上司はもしかして?1

2015/10/10 16:02 

職場でのこと



上司の指示に従って作成した資料が
その上司によって内容がひっくりかえされてしまいました。
出した指示はすっかり忘れている様子で
「なんでそんな資料の構成にしたんだ!」と叱責されました。



「出された指示どおりに作ったんですけど」
と返答したら目をパチクリして一瞬固まり
「いずれにしろこの資料のつくりじゃダメだ!こうやって作れ!」
と怒鳴りながら私が一番最初に作った資料の構成を指示する上司。



だったら最初から私の作った資料でよかったじゃん。
とココロの中でつぶやきましたが面倒なので
「ご指示に従います」
と返答したら
「指示に従うとは何だ!仕事は受け身でなく能動的にやるもんだろう!」
とまた怒鳴る。そしてしつこく
「指示、指示、指示、指示に従う?そんな言い方失礼じゃないか!」
と妙に「指示」という言葉に固執。



ちなみにいつまでもそのことを忘れず後々まで言われ続けています。



そして
ただでさえ忙しいのに上司のきまぐれ?な指示により
何度も資料を作り直さなければいけないことに腹が立つ。
彼のせいで長時間残業になり「フルリール」の活動に影響がでることも!



私以外の社員にも同じことをしています。



平気で部下が傷つくような発言をする。
こだわりが強く重箱の隅をつつくような指導をする。



私もそうですが当然他の社員もストレスがたまります。



シニア産業カウンセラーとしてカウンセリングをお受けしていると
同じようなタイプの上司に悩まれている方は実に多い。



どこの職場でも見られる光景でしょう。
仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスの原因第1位は
「職場の人間関係の問題」(41.3%)です。
(平成24年労働者健康状況調査)



部下として、
私がまずとった対策としてはアサーティブに伝え、
こちらの気持ちを理解してもらおうと努力してきたが無理でした。
まったく響かない感じ・・・。
このそこはかとない違和感・・・。
もしかして・・・!



私は医師ではないので診断はできません。
しかし彼にもしかしてその傾向があるのなら・・・
今までの方法では無理かもしれない・・・



フルリール代表でカサンドラ体験者でもある真行結子です!
今まで学んだことや経験を活かし対策をいろいろと考えました!



実践の結果は?

(2に続く)
http://fleurirmomo.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

職場での体験Comment(0) | Top ▲

 | Blog Top |