川崎市立小中通級担当の先生方に講演しました

2017/08/24 15:48 

川崎市立通級指導教室設置校長連絡会様からのご依頼で

発達障害のある子どもの保護者・きょうだい等への教師のかかわり方
〜カサンドラ症候群の視点から〜
 


をテーマに講演いたしました。

20170818川崎市通級講演会1

担当されているお子さんの保護者のなかに
カサンドラの方が多いように体感されている教員も多いとのことで
カサンドラの現状と、
カサンドラの親を持った子へのかかわり方を学ばれたいとのご意向でした。



当初受講者は30名ほどとお聞きしておりましたが
通級担当教員以外にもご希望されてお越しになった先生方も多く
70名ほどの方がご参加されたとのこと。
関心を持ってくださりありがたいことです。

20170818川崎市通級講演会2

講演時間は2時間を超えましたが
先生方は熱心に耳を傾けてくださいました。



講演終了後、
「情報交換や勉強会を今後実施したいですね」
と会長の校長先生らとお話しがはずみました。



ぜひ実現できたらと考えています。



ますます忙しくなる、かな。


真行結子は
カサンドラの認知と理解を広めるために
また
発達障害当事者を含め
すべての人が大切にされる社会の実現のために
(休みながら)走り続けます。



スポンサーサイト

講演会・ワークショップのご案内Comment(0) | Top ▲

いくつかの場でお話しをします情報

2016/12/29 16:05 

平成29年いくつかの場でお話しをいたします。
ご関心のある企画がありましたら是非ご参加ください。

 ◇「後悔しない夫婦関係って?」講座
(川崎市宮前区主催)で講義
http://www.city.kawasaki.jp/miyamae/page/0000081694.html

10回連続講座の9回目を担当。
発達障害パートナーとの夫婦関係に加え、
発達障害でない夫や
婚姻関係にない男性との
パートナーシップついてもお話ししたいと考えています。

 ◇「もっと知りたい!発達障害」講座
(横浜市保土ヶ谷区主催)に登壇
http://www.city.yokohama.lg.jp/hodogaya/bunyabetu/chiiki-kumin/kuminkikakugatakouza.html

3回連続講座の3回目に登壇。
時間は短いですが、
発達障害当事者団体からの依頼で、
発達障害パートナーの妻(夫)の会である「フルリール」がお話しをさせていただく機会を頂きありがたいと感じています。
基調講演の浅見淳子さんは、
私の尊敬する神田橋條司医師の書籍『発達障害は治りますか?』の編集者でもあります。

 ◇「セルフヘルプ実践セミナー」 
(神奈川県社会福祉協議会主催)に登壇
http://www.knsyk.jp/c/honkai/be9c9c37213b843e7d11cd08f881328a

共感、わかちあいの力が回復にどれだけ役立つことか。
そのようなお話しをしたいと考えております。

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

講演会・ワークショップのご案内 | Top ▲

12月9日、講演いたします 

2016/10/19 23:31 

秦野市・伊勢原市を中心に活動されている
発達障害児を育てる親の会「わたぼうし」主催の勉強会に招かれ
 「カサンドラ愛情剥奪症候群」 
について講演いたします。  
   

◆日時 12月9日(金)10時~13時


今回は私の講演のほか
「旦那(アキラ)さんはアスペルガー」シリーズで知られる
漫画家の野波ツナさんも登壇。
そして
ツナさんと私とのトークセッションの時間もございます。


◆会場 秦野文化会館小ホール(秦野市平沢82)


神奈川県西部で
カサンドラをテーマとした勉強が開催されることが嬉しい。


勉強会はわたぼうし会員様以外の方も
ご参加していただけます。


当日は
「フルリール」運営やカウンセリングの現場から感じること
また、私自身の回復の道のりも含め
時間の許すかぎり、お話したいと思います。


秦野市、伊勢原市にお住まいの方はもとより
小田原市、足柄地域の皆さま
その他地域にお住まいの皆さまも是非お越しください。


詳細・お申し込みは
「わたぼうし」HP
http://www2.hp-ez.com/hp/wataboushi/page13

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

講演会・ワークショップのご案内 | Top ▲

2月6日川崎市発達相談支援センター主催市民講座ご参加者様の声

2016/03/10 23:48 

2月6日川崎発市達相談支援センター主催市民講座のアンケート結果が
川崎市発達相談支援センターから届きました。
わたしくからお知らせくださるようお願いしておりました。
http://fleurirmomo.blog.fc2.com/blog-entry-59.html



ドキドキしながら読みました。



「ぜひフルリールに参加したいです」
「フルリールを紹介して良いですか」
「あっという間の3時間でした」
「もっと聴きたい」
「回復までの道のりが良く分かりました」
「涙が出ました」
等々の嬉しいお声にあふれていました。



一方、厳しいご指摘も頂きました。
「講演時間を守っていただきたい」
※お伝えしたいことが多くて、予定を30分オーバーしてしまったのです。
大変申し訳なかったと感じています。
「ご主人に対するお話が上から目線(〜してあげた。変わらない。)」
※一番辛かったカサンドラ時代の事をお話しした時にそのような表現をしていたのだと思います。配慮が足りなかったと反省しています。




私はアンケートに寄せられた声のうち
厳しいお声をより大切にしています。



ご批判の声にしっかり耳を傾け内省する。
ご批判の声こそ成長の種となる宝。



当日は発達障害当事者の方も2割以上お越しくださったとのこと。
支援者の方も2割弱いらっしゃいました。
ありがたいことです。



さて、また一歩を始めましょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

講演会・ワークショップのご案内 | Top ▲

お礼!2月6日川崎市発達相談支援センター主催市民講座

2016/02/08 22:23 

2月6日川崎市発達相談支援センター主催市民講座
「カサンドラ症候群とは
〜セルフヘルプグループ運営の現場から見えてきたこと」
講師担当いたしました。



フルリールの活動を開始してから約1年5ヶ月。
カフェ(わかちあいの会)やカウンセリングを通じて
ご縁があった方々は300人を超えました。



◆カサンドラ症候群とは?
◆発達障害者のパートナーはどのような悩みや苦しみを抱えているのか
◆カサンドラ症候群からの回復のヒント
◆社会に求めること
◆フルリールが目指すビジョン
などについて
フルリールの運営の現場から肌で感じたことを
私の体験も含めお伝えいたしました。



お伝えしたいことに溢れていたこと。
また
皆さんの真剣な眼差しに私の心がさらに熱くなり
持ち時間の2時間15分を30分超過。
それでもまだまだお伝えしきれなかったことがあります。



終了後、フルリールに参加したいとおっしゃってくださった方々。
発達障害者の家族支援の視点からもう少しお話しを聴きたいとおっしゃってくださった行政機関の方々。
あたたかい輪が少しずつ広がる予感がいたします。



会場には
100名以上の方がお越しくださったとのこと。



関心をお持ちくださり会場に足を運んでくださった皆様。
また
「カサンドラ症候群」のテーマとした講座を企画された
川崎市発達相談支援センター所長様そしてスタッフの皆様に心より感謝申し上げます。



メールでご感想を下さった皆様へ。
ありがとうございます。
じっくり読ませていただいております。
励まされ、さらに力が湧いてまいりました。
おひとりおひとりへのお返事が出来ず大変申し訳ございません。
今しばらくお待ちください。



これからも真行結子は
発達障害のパートナーを持つ方々の笑顔が花開くよう
また
すべての人々がたいせつにされる社会の実現を目指し
地道に誠実に歩んでまいります。



お悩みの方。
フルリールはいつでも笑顔であなたをおまちしております。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

講演会・ワークショップのご案内 | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»