スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

夫のどこに惹かれたのか

2014/08/23 09:00 

◇結婚まで3◇

当時の私が結婚相手に求めていたもののうち
優先順位が高かったもの。



◆結婚しても子供が産まれても仕事を続けたかった私の生き方への理解
◆個々人の違い(性別、年齢、国籍、価値観など)への尊重



仕事を続けたいと語る私の話を
女性への差別に憤っている私の話や
多様性を認め合える社会にしたいと熱く語る私の話を
彼はうんうんと頷きじっくりと聴いてくれた。



時折、
歴史や文化、政治的な面からの知識を述べながら。
言葉づかいは丁寧



私の周囲には
学歴を鼻にかける男性や
学歴コンプレックスで屈折した男性も少なからず存在していた。
どっちのタイプも私は嫌いで、人生の伴侶には選びたくなかった。



そんな中、彼は有名大学を卒業しているにもかかわらず
鼻にかけず、さらっと生きている印象があった。



他にも、
私が提案することを
快く受け入れてくれた。



たとえば、
私が見たい映画
私が行きたい飲食店
ニコニコして「はい」と。



人の話を聴く姿勢があり
品もあり
女性を低く見ない。
社会に存在する差別に対して批判的
多様性を認めている。
おだやか。



この人ならば
家事も育児も協力しあえる。
結婚生活に起こるさまざまな事も話し合って乗り超えていかれるだろう。
暮らしのことだけでなく何か社会的な活動にもふたりで取り組めるかもしれない。
キャンブル、暴力、浮気とはきっと縁がないだろう。



そんな理由から
夫との結婚に気持ちが傾いていった当時の私なのでした。



結婚後、
確かに彼は私の話をじっくりと聴いた。
しかし
「自分の意見は言わない」



確かに家事や育児はする。
しかし
「言われたことしかしない」
「言われたことは状況判断をせずやり続ける」



そんなことが起きてくると
予測するだけの力はなかった。
結婚前の私には。


☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

カサンドラ体験記 | Top ▲

初カミングアウト!「私はカサンドラ」

2014/08/17 23:59 

今日は
とある講座で一緒になった
メンバー3人で集まりました。



受講生は多かったものの
何故かお互いピピッときた3人なのでした。
それぞれがまったく違う分野の仕事に携わっています。
しかし共通していることは
「女性が輝くために貢献したい!」思いを持っているということ。



「フルリール@かながわ」を立ち上げようと決めた時
カサンドラ症候群の伝え手になろうとも決めました。
接した人々に直接。
当事者として。



よし!本日、初カミングアウト決意!



夫とのこと
今までの苦しい道のり
カサンドラ症候群の説明
そして
「フルリール@かながわ」のこと。



お2人とも真剣に耳を傾けてくださいました。
そして
「フルリール@かながわ」の活動に対し
色々なアイデアも提案してくださった。



そのことで
私の中にある目標や方向性がよりリアルになったのです。



早速、
フルリールカフェ(わかちあいの会)の他
いくつかの具体的な企画を練っています。



「フルリール@かながわ」の他
彼女たちの活動についての話も盛り上がり
これからも交流を続けていくことになりました。



彼女たちとのひとときによって
心がプラスのエネルギーで満たされました。
本当にありがたい。
感謝の気持ちでいっぱいです。



☆新たな企画を近日中に
「フルリール@かながわ」のブログにアップする予定です。
ご興味のある方はチェックをしてみてくださいね☆



☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

「フルリール」徒然 | Top ▲

涙の理由は?

2014/08/15 23:59 

今夜
帰省していた息子が戻っていった。



たくさん会話をして
笑った
あっという間の2泊3日



空港まで見送る。



保安検査場入り口で
手を振って別れたあと
展望デッキで離陸を待つ。



星のような明かりが地面に瞬いている真っ暗な空港を
息子の乗った飛行機が飛び立っていった。



飛行機の灯りが小さく小さくなっていく。
夜空の星と区別がつかなくなる。
そしてふっと消える。



涙が滲んできた。
子離れは出来ていると自信を持てていたはずなのに。


ベンチに力なく座る。


3メートルほど前に
60代とおぼしき男女のカップルが肩寄せ合って立っている。
誰かを見送りにきたのだろうか。
そのうち手を握りだし
楽しそうにおしゃべりを始めた。
長く連れ添った夫婦が醸し出すあの空気。
私が持っていないもの。



その時
にじんだ涙の理由は
息子が戻っていった淋しさだけではないことに気づいた。



抑え込んでいた気持ちが
「ポン!」と小さな音を立ててはじけたのだ。


こんな時は
もう無理に抑え込むことはしない。


自分の心の容量以上に抑え込むことが
どれだけ心身に負荷をかけるのか
たくさんの痛い思いをして私は学んだ。



21時の展望デッキは
真っ暗で人はまばら
ちょうどよい。



しばし泣いていよう
誰も気づきはしないのだから。

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

今、徒然 | Top ▲

二人っきりの暮らしからの解放!!

2014/08/13 08:00 

今日、息子が帰省してくる。
うれしくて昨夜はなかなか寝付かれなかった。



息子に会える嬉しさ。
そして
夫と一緒にいるのに気持ちのやりとりのない
「ひとりの暮らし」から解放されるのだ!
短い間ですが・・・。



さてと
息子の大好きなおかずを食卓に並べよう!
布団も干してほかほかにしよう!



ニコニコと喜んで
「母ちゃん、美味しい!」
「布団気持ちいいよ。サンキュー!」
そんな息子の姿を想像すると
心があたたかくなる。



大学生活の様子も面白おかしく話してくれるだろう。
最近調子の悪いビデオデッキの相談もしよう。
久しぶりの「私にとっての普通」である家族の会話ができることに
ワクワク、ウキウキ。



夫と二人きりの生活が
いかに味気ないものか
あらためて認識する今日なのでした。

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

今、徒然 | Top ▲

神社仏閣で表明!偶然の後押し?

2014/08/10 10:15 

ここ数日、仕事で神奈川県を離れていた。
ちょっとしたスキマ時間に
神社仏閣を訪れてみた。



私は、神社仏閣ではまず感謝
「今日、生かしていただいていることに感謝します。」



次に誓いや意思表明
「○○を実現させます!」
「○○のために努力します!」



そして最後に
「お見守りください」
と唱える。



今回は
「フルリール@かながわ」立ち上げに際し
アドバイスやあたたかいメッセージをくださった
自助会の諸先輩がたへの感謝も込めて。



次に
「フリール@かながわ」のこと。
「集ってくださった方が
癒され、幸せな一歩を踏み出せる場にしたい。
そのために、誠実に心を込めて取り組みます。」



自由時間はほとんど無かったが
道を歩けば社寺がある京都
(今回は京都出張でした)



かなりの回数誓いました。



そして
宿泊していたホテルの裏の通りを
朝、散歩していたら
なんという偶然!
「フルリール」というお店を発見!



神さま、仏さまが
「見守っていますよ」
とお伝えくださった気がした。
(カサンドラ状態の自分を癒すために
あれこれの試行錯誤を通じて
私はかなり楽天的になりました。)



出張している間にも
数名の方から
第1回「フルリールカフェ」のお申し込みを頂きました。
(出張先でしたのでお返事が遅くなり申し訳ありませんでした)



繋がってくださり
ありがとうございます。



よちよち歩きの
ひよっこですが
どうぞよろしくお願いいたします。


☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

「フルリール」徒然 | Top ▲

息子には聖心女子大卒の嫁

2014/08/05 00:40 

◇結婚まで2◇

結婚前の交際中
何となく結婚をしようかとの雰囲気になった頃
「それとなく両親に話してみる」と彼



数日後
「どんな反応だった?」と不安な気持ちで彼に尋ねた私



彼は私にはっきりと伝えた。
「有名大学出身のあなたに、夜学出身の女性はつりあわない。
話も合わないだろうし。
お相手には聖心女子大卒レベルの人がいいのでは」

と言われました!と。



私はつりあわないと言われたことにショックを受けた。
ずいぶん失礼な話だと立腹した。


悲しんで怒っている私に彼はどう対応したのか?
まったく記憶がない。



伝書鳩だったような
印象のみが記憶にある。



それでも
荒波が立った私の気持ちが
早く長く尾をひかなかったことは記憶している。



恋愛真っただ中の私は
夢や期待でふわふわの風船のようで
近い将来にやってくる淋しさや孤独の予感を
これっぽちも感じることができなかったのだ。


☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために
是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

カサンドラ体験記 | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。