セルフヘルプグループの存在意義

2014/11/27 23:00 

今月2回目のフルリールカフェ
先週とメンバーは全員違います。


会場の窓からは美しい富士山が。



momoから
宮岡等先生(北里大学教授)の講義報告をさせていただいたあと
おしゃべりタイムとなりました。



特に初参加の方は緊張されていたようでしたが
おしゃべりの時間が始まると
お互いのお話しにじっくり耳を傾けながら
「そう!そう!そう!」
と盛り上がり
すぐに打ち解けあって。



今日ご参加された方から
「セルフヘルプグループに救われた」
とのお話しがありました。



周囲から理解されず
ひとり悩みを抱え続けることが
どれほどまでに身体と心にダメージを与えるか。



カサンドラ症候群。
学術的には認定されていないと言われています。



しかし確かに存在しています。
アスペルガー症候群のパートナーを持つ者の苦悩。
パートナーが診断されていても、未診断でも。
私自身もそうであったし、多くの肉声を私は直接聴いております。



ただ、支援の手はほとんど差しのべられておらず…。
(昭和大学附属烏山病院のパートナーの会は
診断されたASD当事者の家族対象)
ひとり苦しんでいる方は大勢いらっしゃる。



セルフヘルプグループに繋がり
「救われた」とのお声を聴くたびに
セルフヘルプグループの存在意義を感じます。



必要に感じる方々がいらっしゃるうちは
「フルリールかながわ」の活動を続けたいと思います。



わたくしmomoの役目は「場」の設定。



ご参加くださった皆さんの
共感力、優しさが
「フルリールかながわ」に欠かせない構成要素となっています。



今日も
「フルリールかながわ」に集ってくださった
素敵な女性達に感謝です。

★☆次回「フルリールカフェ」12月22日(月)参加申し込み受付中☆★
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

「フルリール」徒然 | Top ▲

何年も探し求めた共感が

2014/11/20 23:30 

今日は一日フルリールDAY
午前は個別相談
午後はフルリールカフェ



リピーターの方にお会いするのは
更に深まる仲間としての繋がりが嬉しい。
初めてお会いする方とは
新たな出会いにときめいています。



そして今日も素敵な女性達が
「フルリールかながわ」に集いました。



夫の愚痴や悪口ばかり?
マイナスオーラ充満?
いいえ、そうではありません。



愚痴ったっていい。
悪口を言ったっていい。
辛い気持ちを吐き出していい。
嘆いていい。



共感や優しさに満ちている
「フルリールかながわ」だからこそ
その奥にある
おひとりおひとりの
今までの頑張り
さらにその奥にある
人生への真摯な姿勢や愛が滲み出て
「場」はプラスのエネルギーに満ちてきます。



わたくしmomoはこの「場」を用意しただけ。
参加されたみなさんのお力です。



◆今日ご参加された方の声◆

☆あっという間の時間でした。
勇気と元気をいただき、前に進む力が湧いてきました。
また参加させていただきたいと思います。


「フルリールかながわ」は
前に進む力が湧いてくる場の機能も目的としています。
嬉しいです。
是非またご参加ください!

☆各自お悩みは様々ですが
深い根っこの部分で皆様とつながれた気がします。

☆色々な形、色々な苦労があると思いました。
進むべき道は違いますが、それぞれ頑張っていきましょう。
ひとりじゃないよ。


おひとりおひとりにとって一番幸せな道を進めると良いですね。
その道を探るためにも「フルリールかながわ」を活用してください。
ひとりじゃない!ここには仲間がいます。

☆何年も探し求めた共感がここにはありました。
本当の深い深い共感でした。

☆今日初めて共感できる方々とお話しができて心が晴れました。
皆様、それぞれ努力されているようで、
自分も学ばなくてはと思いました。
ありがとうございました。

☆「あるある」エピソードがたくさん出てきて、
笑いながら話せたことで
気持ちが少し楽になりました。

☆「わかちあう」という目的のとおり、
たくさん共感したりされたりした体験が、
今日の一番の収穫です。


私も周囲に理解してもらえない辛さを二十年近く味わってきました。
だからこそ共感の場「フルリールかながわ」を立ち上げました。
「微妙な感覚」も深く深く共感しあえましたよね(^_-)

☆笑いあり涙ありでとても楽しかったです。

笑いも涙もたくさんありましたよね!
カタルシス効果ですっきり、
そして楽しく笑い、NK(ナチュラルキラー細胞)活性化でパワー充電ですね!

今日ご参加のみなさん、本当にありがとうございました!



次回11月27日フルリールカフェは
今日とは違うメンバーの方々がご参加されます。

今からワクワクしている私です

◆今後のフルリールカフェ参加情報
http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

「フルリール」徒然 | Top ▲

誕生日には毎年

2014/11/07 23:59 

誕生日には決まって
夫から
全国百貨店共通商品券
のプレゼント



「自分の好きなものが買える商品券が嬉しいわ」
と夫に伝えた年から十数年間
欠かさず。



有り難いと「思わなくてはいけない」
と言い聞かせている自分がいた。



愛情を感じられない自分がいた。
「足りない」のだ。
何かが。



その答えを探すかのように友人たちに、
このあいまいとした気持ちを話す。



決まったように、友人たちの答えはこうだ。
「釣った魚にはエサはやらないタイプなの。
うちのダンナは。
うらやましいわ!あなたは幸せね」



そうか、私は「幸せなのだ」
と言い聞かせている自分がいた。



立冬の頃のデパートで
儀礼的なお歳暮を頂いた時のあの感覚に近いと気づいた。



そしてあわててこの気づきを心に押し込める。
「私は何てひどい妻なんだろう」と。



自分を責めていたら
自分の中が灰色になり
そしてだんだん黒くなり。



忘れるために酒を呑む。
浴びるほど呑むようになり。



そんな日々があった。

20130223_153852-300x218.jpg

立冬の今日、
青く澄んだ空を眺めながら
あの頃の私を
抱きしめている私。

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

今、徒然 | Top ▲

カウンセリング勉強会へ

2014/11/03 10:00 

昨日は午後からカウンセリング勉強会。
こちらの会には月一回のペースで参加しています。

IMG_4030.jpg

理論についての勉強はもとより
ロールプレイの時間が私には何よりありがたい。



各ペアに大先輩たちが観察者としてついてくださり
丁寧なフィードバックをいただけるのです。



私は自分の回は録音し
自宅で何度も聴き直しています。
当然、同じ勉強仲間であるペアの方には了解を得ています。



アメリカの臨床心理学者「カール・ロジャーズ」は
カウンセリングを録画し面接過程を分析、研究。
来談者中心療法カウンセリングを大きく発展させました。



自分の声を聴くのは恥ずかしいのですが
慢心せず修練し向上するためには
有効なことだと考えています。



さて、
これから昨日の録音を聴き
ひとりふりかえり学習の時間です。



落ち込むことも多い時間ですが
たいせつな時間でもあります。

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

今、徒然 | Top ▲

またしても収穫!「セルフヘルプ交流会」

2014/11/01 07:00 

今日から11月
今年も残すところ2か月ですね。



さて、昨日
セルフヘルプグループ交流会へ参加しました。



アダルトチルドレン(AC)、ギャンブル・薬物・アルコール依存
乳がん、吃音、精神疾患
性同一性障害、犯罪被害者など。
発達障害当事者・親の会は残念ながら欠席でした。



多くのグループと情報交換をし
活動内容
工夫している点
今まで起こったトラブル
など
具体的な話ができ
運営のヒントをたくさんいただきました。



もちろん
「カサンドラ症候群」
しっかりPRしましたよ!



「回復のためには
自分の「本当の心」と繋がることだよね」
とACグループの代表の方。



momoもまったく同感!
カサンドラから回復できたのは
「本当の心」
つまり
「ありのままの自分」に
繋がったから。



初対面でこのような話がすんなりできるのも
セルフヘルプグループ交流会ならではかもしれません。
そして、皆さんお優しい。



深い痛みを体験しているからこそ
深い気づきが得られる。
優しくなれる。



今回
セルフヘルプグループ活動イベントスタッフへのお誘いを受けました。
協力させていただこうかなと思っています。
すべてのひとが生きやすい「あたたかな社会」の実現のためにも。



カサンドラに限定することなく
多様なグループとの顔の見える交流に
「フルリールかながわ」は積極的に取り組みます。

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

「フルリール」徒然 | Top ▲

 | Blog Top |