スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

結婚式には招待しないで?!

2014/09/16 23:00 

◇結婚まで6◇

結婚式の日取りも決まり
招待する人を決める段階になった。



私は
高校や夜間大学時代の友人
会社の仲間、先輩、後輩、上司
仕事でつながった方々
そして親戚
お招きしたい方がたくさん。



対する彼
友達がいない?
会社関係者が中心。
そして、何と・・・



「momoさんの夜学出身というプロフィールは
恥ずかしいので親戚に紹介できない。
だから、当家の親戚には招待状を出さないでくれと両親が言ってます」と
彼はまたしても伝書鳩のように
私に伝えた。



私は最初困惑し、
その後、怒りが湧いてきた。



何と失礼な!
「私たちの結婚式なんだから私たちの好きにしましょう!」
と私は息巻いた。



「そうですね」
と、冷静に彼。



その後、
私が招待する方々は親戚も含め決まった。
でも、
彼のほうがはっきりしない。
親戚部分が。



「もう期限よ。もちろん親戚呼ぶでしょう?」
「・・・」
「うちの親戚だけ呼んで、あなたの親戚が誰もいなかったら変に思われるでしょう?
私たちの結婚式なんだから。私たちが決めればいいのよ!」
「・・・」
何も答えず、石仏のようになっている彼。



私の苛立ちの感情が爆発する。
「あなたの親の言っていることは理不尽だよね?
私は傷ついている!
まさかあなたは親の言うとおりになんてしないよね?」
「・・・」



なんか変だ。



結局、
招待状は出さなかった。



人は誰しもパーフェクトではない。
私にだって、欠けている所はあるのだし。
きっと、彼は親思いの優しい息子なんだ。
彼の親戚を呼ばない分、私の友達を呼べるし・・・。
まあ、いいか。



でも、なんか変だ。



今思えば、
心の奥に「直感」を押し込んだ私なのであった。

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

カサンドラ体験記 | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。