スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

あのひと

2015/01/29 20:30 

カーテンごしの光で部屋が少し明るい。
朝?



おかゆが炊ける匂い?
キッチンからお茶わん並べている音がしている。



そうか。
あのひとが作ってくれている。



のど渇いた?
傷は痛む?
トイレ行きたい?
きっと良くなるよ。
大丈夫だから。



心配そうに私を見守っているあのひと。
笑顔で。



夜だって安心。
隣に寝ているから。



今朝は
早く起きておかゆを作ってくれている。



昨日の夜
縫った頭のところをやさしくなでてくれた手のひらの感覚に
心と身体がゆるんで満たされていく。



ありがたくて涙が滲む。



午前6時の目覚ましが鳴る。
ゆっくりと目を開けた。



暖房が入る前のひんやりとした部屋。
わたし、ひとりだった。



まだ洗髪できずそのままの、
髪の毛に着いた血の塊の鉄の匂い。



そのまま
まんじりともぜず
かすかな余韻に身を任せていた。



(momoケガをする!3)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

今、徒然 | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。