スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

涙の理由は?

2014/08/15 23:59 

今夜
帰省していた息子が戻っていった。



たくさん会話をして
笑った
あっという間の2泊3日



空港まで見送る。



保安検査場入り口で
手を振って別れたあと
展望デッキで離陸を待つ。



星のような明かりが地面に瞬いている真っ暗な空港を
息子の乗った飛行機が飛び立っていった。



飛行機の灯りが小さく小さくなっていく。
夜空の星と区別がつかなくなる。
そしてふっと消える。



涙が滲んできた。
子離れは出来ていると自信を持てていたはずなのに。


ベンチに力なく座る。


3メートルほど前に
60代とおぼしき男女のカップルが肩寄せ合って立っている。
誰かを見送りにきたのだろうか。
そのうち手を握りだし
楽しそうにおしゃべりを始めた。
長く連れ添った夫婦が醸し出すあの空気。
私が持っていないもの。



その時
にじんだ涙の理由は
息子が戻っていった淋しさだけではないことに気づいた。



抑え込んでいた気持ちが
「ポン!」と小さな音を立ててはじけたのだ。


こんな時は
もう無理に抑え込むことはしない。


自分の心の容量以上に抑え込むことが
どれだけ心身に負荷をかけるのか
たくさんの痛い思いをして私は学んだ。



21時の展望デッキは
真っ暗で人はまばら
ちょうどよい。



しばし泣いていよう
誰も気づきはしないのだから。

☆カサンドラ症候群の認知と理解を広めるために是非クリックを!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : カサンドラ愛情剥奪症候群 - ジャンル : 心と身体

今、徒然 | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。